鳥取大学 入学試験情報

教員の紹介

入学センター長

副学長(入試担当)、地域学部教授

藤井 正

FUJII Tadashi

20194月から入試担当の副学長として入学センター長となりました。

前年度までは地域学部長として、地域と連携した教育研究の展開に力を注いできました。学部での所属は地域創造コースです。

鳥取大学は、地域学部の2004年という早い時期の創設に示されるように、地域と密着した教育研究を展開してきた伝統があります。

そして今、日本の大学全体でそのような動きが急展開してしていますが、鳥取大学では医学部、工学部、農学部や全学共通教育でも、「知と実践の融合」という大学の理念に沿って、すでにいろいろな教育プログラムが整備されています。

 

メッセージ

あなたの夢をかなえるため、その実現できる場所を見つけ、いろんな人と協力して、その場所をより魅力的にしていって下さい。

そこに向けて鳥取大学で学んでもらえればと思います。

 

専任教員

准教授

森川 修

MORIKAWA Osamu

2007年10月に工学部(物質工学科)からやってきた。
研究室での生活とまったく異なる入学センターの業務も[鳥取大学を愛する気持ち]があれば、乗り切れると思っている楽天家である。
鳥取大学と同じくらい大好きなガイナーレ鳥取のホームゲームでは、ゴール裏で熱い声援を送っている。
[もっと詳しいこと]は…

メッセージ

鳥取大学というホームグランドで、教職員、先輩たちのサポーターの元で、みなさんの夢というゴールへのアシストをできる存在になりたいと思っています。みなさんのチャレンジをお待ちしています。

森川 修

専任教員

准教授

山田 貴光

YAMADA Takamitsu

2012年5月に着任。それまでは民間企業に勤務し大学の外部の立場から、学生募集広報や大学広報、大学生のキャリア教育や就職支援、各種調査や学部改組など、大学と大学生に関わる様々な業務に従事してきた経験を有する。

メッセージ

偏差値という尺度だけではなく「●●だからこそ鳥大に入学したい!」という熱き思いを抱いた高校生から選ばれる“Only One”の大学になれるよう、鳥取大学の魅力をこれまで以上にお伝えしていきたいと思います。

山田 貴光

専任教員

特命准教授

小山 勝樹

KOYAMA Katsuki

2016年4月に着任。大学卒業後、大手予備校で高卒生、高校生の進路指導を担当。その後、大学広報専門の広告会社に勤務し、大学の学生募集広報支援や各種調査などを経験。

メッセージ

「鳥大の魅力を多くの受験生に伝えたい!!」
鳥大の魅力はたくさんあります。今までの経験も生かしながら鳥大の魅力を伝えつつ、みなさんの大学選びの一助になればと思います。

小山 勝樹

専任教員

特任教授

小倉 健一

OGURA Kenichi

2016年4月に着任(2015年度までは鳥取県の県立高等学校長を務める)

メッセージ

他大学にない鳥取大学の魅力を大いに発信していくとともに、様々な夢や目標を持った高校生の皆さんが、進学にあたって入り口を間違えないように、また、皆さんにとっての入学後の学びが確かな夢の実現につながるように、しっかりサポートしていきたいと思います。鳥取大学で、さあ夢へ挑戦しよう!

小倉 健一
鳥取大学入試一覧